※ 終了しました。完売御礼!
SCRAPプロデュース リアル脱出ゲームプロジェクト第3弾
あるビルディングからの脱出
場所 二条nano
日時 2007年12月22日(土)
  ・昼の部 14:00〜16:00
  ・夜の部 19:00〜21:00
   ※スタート時間の30分前より入場可能。5分前入場厳守。
料金 前売2000円/当日2500円
最大人数 各部とも 25名
制限時間 120分

気がつくと薄暗い部屋。
あたりを見回すと幾人もの姿が見える。
どうやら同じ境遇の人たちのようだ。
なぜこんなにも多くの人が閉じ込められているのだろう?
力を合わせて早くこの建物から脱出しなくては…。


SCRAPがお送りするリアル脱出ゲームプロジェクトもついに3回目!
実際の空間の中から、さまざまなアイテムを駆使し、暗号を解き、謎を解いて脱出するというイベントです。
過去2回の脱出ゲームでは「楽しかった」という声の一方「短すぎるっ!!!」という悲痛な叫びもさんざん聞きました。ああ、もうわかりました。
ならば今回は制限時間120分、さらに部屋の数も増え、激しくスケールアップしております。
しかも、今回は25人で力をあわせなくては脱出できません。十五少年漂流記よりも10人多い人数で脱出しなくてはなりません。まあ、参加希望者が25人を割り込めば少ない人数でもできますが。あ、なんか微妙なこと書いちゃった。
とにかく、見知らぬ男女が25人で必死で脱出するこの異常な一体感を、どうぞ体感してみてください。
ただ、脱出するために幾多の暗号と、アイテムを使って謎を解き、みごと表の世界に出るのです。
あ、脱出に成功したチームにはSCRAP特製グッズをプレゼントします。
何をプレゼントするかは、今から考えます。
 



※ 終了しました。
クリスマスイヴに鳴り響く、悲痛な片想いの声
片想い俳句会
日時 2007年12月24日(月)
   Open 18:00/Start 18:30
場所 ことばのはおと
   075-414-2050 
   ※ 自転車でのご来場はご遠慮願います。
料金 前売1500円/当日2000円
   いずれも+1drink
司会 山川寛恵

SCRAPでは今、俳句が盛り上がっている!
そして毎日、世界中の男子と女子の片想いが盛り上がっている!!
SCRAPの新しいムーブメント「片想い俳句」のイベント「片想い俳句会」の開催が決定しました。


恋すれど 永久に叶わぬ この想い

心にポカンと開いた隙間を五・七・五で埋めてしまえ!
満月のイヴに寄り添って歩くカップルたちに中指を立て、欠けた月に引っかかった片想い男子&女子は全員集合!
片想いをひとりで抱えるには重すぎるクリスマスイヴの夜。あなたの切なさはあなただけのものではないのです。満たされない気持ちを俳句にして、みんなで甘酸っぱいあるあるトークをしませんか?
SCRAPからの新しいイヴの夜の過ごし方の提案です。
もちろんカップルでの参加も歓迎です。燃える想いを口に出すのが恥ずかしいあなたは、詠まずに見るだけでもオッケーですよ。

片想い俳句とは?
片想い俳句とは、文字通り片想いをしている人が詠む俳句のこと。俳句のルールに則り、片想いを連想させる季語を入れて、自分の恋愛について詠むのが一般的だとされています。実際に片想いの人はもちろん、過去にきつい片想いをした事のある人。今、彼氏がいるけれどもどこかに切なさを感じている人。すべての満たされていない人は「片想い」です。

片想い俳句会とは?
「俳句は滑稽なり。俳句は挨拶なり。俳句は即興なり」と昔のエライ人は言いました。 その精神に則り、参加者の皆様には会場で片想い俳句を作っていただき、詠み合います。 それを豪華審査員たちが片思いの深さを測る「微熱・大火傷・ノーフューチャー・ノープロブレム」の4つのポイント +「俳句としての美しさ」で評価します。
 



※ 終了しました。
盤上には人生が乗っています
ボードゲームと ドイツビールの宴2
日時 2007年12月26日(水)
   Open 18:00/Start 19:00
場所 UrBANGUILD : アバンギルド
   京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
   075-212-1125
料金 前売2000円/当日2500円
   いずれも+1drink
協力:かもがわカフェ

ドイツを中心にヨーロッパでは圧倒的な人気を誇るボードゲーム
そんなボードゲームをドイツビールと共に楽しんでしまおうという企画。
今回は彦根のソウルゲーム、カロムも参戦!
まさにこれぞ、パーティーです。


ああ、ボードゲーム。
子供の頃夢中になって遊んだあの時間。魔法のような一時でした。しかし、まだ魔法の時間は続いております。というか、子供の頃には気づかなかった豊かな世界がボードゲームにはあるのです。盤上を駆け巡り、相手の心理を読み、そしてたどりつく知的興奮!しかも、これ意外にお洒落なんですよ。洒脱なんすよ。パーティードレスでやるもよし。グラス片手に軽く向かいの相手を口説きながらやるもよし。ボードゲームに酔いしれる、琥珀色の時間でございます。ボードゲームの持つ冒険の時間は、大人になってこそわかる、極上の旅なのです。
どうぞどうぞ。ご家族、恋人、会社の同僚などなどお誘いあわせの上、ふらりとお越し下さい。新しい、パーティーがここにあります。
パーティー当日、遊べるボードーゲームプレビューはこちら。
 



※ 終了しました。
コミュニケーション推理パーティー第1弾
彼女はなぜ、かぶらを持って死んだのか?
日時 2008年1月12日(土)
   Open 18:00/Start 19:00
場所 元純喫茶「三茶」
   左京区東大路御蔭通り西入ル北側
料金 前売1500円/当日1800円
   いずれも+1drink

犯行現場は10年前につぶれた純喫茶。若くて美しい女性の死体が一つ。彼女はなぜか、かぶらを抱えたまま死んでいた。なぜ、なんのために彼女は死ななくてはならなかったのか。純喫茶の中には数々の証拠が残されている。あなたは、純喫茶を捜索し、また関係者に質問することでこの事件の謎を解かなくてはならない。

さて、今回のイベント特集のトリを飾るのは、こちら。新企画「コミュニケーション推理ゲーム」です。実際の純喫茶を使って事件の手がかりを探し、さらには関係者への尋問も実際に行うことによって事件の核心にせまります。
一般的には水平思考ゲームとも呼ばれ、「ウミガメのスープ」という有名な問題もありますが、今回はそれを発展させてさらにゲーム性を増し、SCRAPのオリジナルシナリオでやってみます。
昔探偵になりたかったあなた。友人と少年探偵団を作ったことのあるあなた。2時間推理ドラマをついつい見ちゃうあなたは、どうぞこの推理ゲームに参加してみてください。
たぶん、結構難解です。
 



2007 © SCRAP All Rights Reserved.